NISA - 高知銀行 | あしたを元気に!ビビッドバンク

NISA

NISAの概要

NISA(ニーサ、少額投資非課税制度)は、個人投資家の資産形成のための税制優遇制度です。なお、同一年において「つみたてNISA」との併用はできません。

  • NISA
  • 年齢制限
    20歳以上
    (口座を開設する年の1月1日時点)
  • 非課税期間
    最長5年間
    5年間の非課税期間終了後、翌年の非課税枠を利用して、非課税期間を延長することが可能。(口座を開設できるのは2023年まで)

    NISAの口座開設期間終了後は、2024年から新NISAとなる予定。

    つみたてNISAとNISAの同一年の併用不可
  • 運用商品
    公募株式投資信託・上場株式・上場REITなど(預貯金・債券は不可)
  • 運用商品の変更
    売却時に非課税枠(購入時に使用した非課税枠)が消滅
  • お金の引出し
    いつでも可能
  • 投資上限額
    年間120万円
    5年間で600万円
  • 口座管理手数料
    なし

※ 非課税額は、投資残高ではなく、実際に投資した金額(購入時手数料などは除く)で計算します。

* 2019年度税制改正に伴い、2023年以降は18歳以上に変更となります。

投資信託非課税口座のみなし廃止措置について


NISA制度の非課税対象

※ 上記の分配金には、投資信託の元本払戻金(特別分配金)は含まれません。


NISA制度の主な対象商品

※ すべての金融商品を示したものではありません。


NISA「3つのポイント」

Point1

年間120万円の非課税投資枠の中で自由に組み合わせて運用

投資信託を任意の金額・タイミングで購入ができます。(定期・定額での購入も可能です。)


Point2

非課税期間終了後は3つの方法から選択

5年間の非課税期間終了後、

① 引き続き、翌年の非課税投資枠を利用 *1

② 課税口座に移行 *2

③ 売却

のいずれかを選ぶことができます

*1 「NISA」において5年間の期間満了後、新たな非課税枠に全額移管できます。(ロールオーバー)

*2 課税口座(一般口座や特定口座)に移す場合、その時点の価額が新しい取得価額になります。

※ 2020年度税制改正に伴い、NISAの口座開設期間終了後、「新NISA」の口座開設が可能となる予定です。


Point3

払い出し・売却が自由

いつでも払出し・売却が可能です。

ただし、払出し・売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できません。


NISA Q & A

誰でも利用できますか?
NISA口座を開設する年の1月1日時点で、日本にお住まい20歳以上の方であれば、1人1口座に限り、原則どなたでもご利用できます。
課税口座で持っている投資信託をNISA口座に移すことはできますか?
既に保有している商品をNISA口座に移すことはできません。非課税の対象は、NISA口座で新たに投資した株式や投資信託などです。
NISA口座での利益や損失は、他の口座の損益と相殺できますか?
NISA口座での売却などによる損益は、NISA口座以外で生じた損益と相殺(損益通算)することはできません。
NISA口座のファンドを売却して、他のファンドを買い直すことはできますか?
非課税期間内に売却することはできますが、その分の非課税枠を再利用することはできません。また、ファンドが値下がりした場合でも非課税枠は復活しないため、買い直すことはできません。

お申し込み・ご相談

お近くの高知銀行窓口を探す ご相談窓口(プラザ)


NISAトップページ つみたてNISA ジュニアNISA