お客さま本位の業務運営に関する取組方針 - 高知銀行 | あしたを元気に!ビビッドバンク

ホーム 方針・規定 お客さま本位の業務運営に関する取組方針

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

高知銀行は、地域の発展と暮らしの向上に貢献することを経営理念に掲げ、役職員一同これを共有し、質の高い金融サービスの提供に取り組んでおります。

お客さまの資産形成や資産運用にかかわる業務におきましても、以下の取組方針を定め、より一層お客さまの立場に立った業務運営に取組んでまいります。また、この取組方針につきましては、金融に関わる環境の変化等を踏まえ、よりお客さまに寄り添った業務運営に取り組んでいくため、定期的に見直しを行うとともに、その取り組み状況を公表してまいります。

1.お客さまの最善の利益の追求

金融商品の多様化によるリスクや複雑化を念頭に置き、高度の専門性とお客さまに対する誠実・公正を旨とする職業倫理を保持したうえで、お客さまの知識、取引経験、資産状況および取引目的・ニーズなどを把握し、それに見合った商品・サービスを提供することで、お客さまの最善の利益を追求してまいります。また、お客さまの最善の利益を図ることを追求していく業務運営を当行の企業文化として定着させていくよう努めてまいります。

【具体的な取り組み】

  • お客さまのニーズを十分に把握したうえで「金融商品に関する勧誘方針」に基づき、お客さまにふさわしい金融商品やサービスをご提供できるように努めてまいります。
  • お客さまのライフステージに応じた適切な商品を選択していただけるよう、幅広い商品ラインナップを揃えるよう努めてまいります。

2.利益相反の適切な管理

お客さまの利益を不当に害することのないよう、「利益相反管理方針」に基づいて、適切に業務を遂行してまいります。

【具体的な取り組み】

  • 利益相反のおそれのある取引を適切に把握し、管理態勢の強化に取り組んでまいります。
  • 販売する金融商品のラインアップについてお客さまの利益を不当に害するおそれがないか、利益相反の観点から事前に確認をしてまいります。
  • お客さまの状況や意向に沿わない販売が行われないように法令等を遵守いたします。

3.手数料等の明確化

お客さまにご負担いただく手数料その他の費用につきましては、商品パンフレットや目論見書、商品概要書、モバイル端末などを活用し、どのようなサービスの対価であるかを、わかりやすく具体的に説明するよう努めてまいります。

4.重要な情報の分かりやすい提供

お客さまにご負担いただく手数料やその他の費用が、どのようなサービスの対価に関するものかを含め、金融商品・サービスの販売、推奨等に係る重要な情報をお客さまがわかりやすく理解できるよう提供してまいります。

【具体的な取り組み】

  • お客さまに金融商品やサービスに関する重要な情報をご提供する際には、お客さまの取引の目的等に応じた適切な情報提供と商品説明を行うよう努めてまいります。
  • 販売・推奨等を行う金融商品やサービスの選定理由、リターンやリスクの所在、取引条件などにつきまして、各種資料やモバイル端末などを活用しわかりやすく説明いたします。
  • 複数の金融商品・サービスがパッケージ化された商品を販売する場合には、個別に購入する場合との比較判断がしやすいよう情報提供いたします。
  • 情報提供にあたっては、誤解を招くことのないようわかりやすい表現で丁寧にご説明し、必要に応じて複数回の説明を行う等、内容の情報提供に誠実に努めてまいります。複雑またはリスクの高い商品の場合には、お客さまが同種の商品の内容と比較することが容易となるように配慮するなど、よりわかりやすく丁寧な情報提供に努めてまいります。
  • 情報の重要性にも十分注意を払い、より重要な情報を強調するなど、お客さまに適切にご理解いただけるよう努めてまいります。

5.お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの知識、取引経験、資産状況および取引目的・ニーズなどを把握し、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの販売・推奨等を行ってまいります。

【具体的な取り組み】

  • お客さまのライフステージ等に応じて、ご提案する金融商品の特性を踏まえたうえで、わかりやすく丁寧な説明を行い、お客さまにふさわしい金融商品やサービスを提供してまいります。
  • お客さまの知識、取引経験、資産状況および取引の目的等をお伺いし、お客さまのニーズやライフプラン等を踏まえた最適な金融商品の提案に努めるとともに、お客さまのニーズに合致する商品が複数ある場合や類似する商品やサービスがある場合は、商品カテゴリーの枠に捉われず、類似商品・サービス内容等と比較しながらわかりやすい説明を行います。また、ご契約後も保有資産の状況や市場動向についての情報を提供し、お客さまのご意向を確認しながら丁寧なアフターフォローに努めてまいります。
  • 複数の商品・サービスをパッケージとして提案・販売する場合には、お客さまにとってふさわしいかについて留意してまいります。
  • ご高齢のお客さまに対する金融商品のご提案においては、商品の内容やリスク等を十分にご理解いただけるようわかりやすく丁寧な説明に努めるほか、ご家族の同席をお願いするなど、より慎重に対応してまいります。
  • お客さまにふさわしい適切なご提案を行うため職員のスキルアップに努めてまいります。また、お客さまの資産運用への関心を高めていただくとともに、金融取引に関する知識を深めていただくことを目的に、資産形成・マーケット情報・相続等のお客さま向けセミナーを開催してまいります。

6.職員に対する適切な動機づけの枠組み等

お客さま本位の業務運営を実現するため、お客さまの立場に立った営業活動を適切に評価する業績評価体系の整備を進め、従業員研修の充実化を図るとともに適切なガバナンス体制を整備してまいります。

【具体的な取り組み】

  • 従業員研修につきましては、外部専門資格の取得奨励のほか外部専門家等による研修や自主参加型休日セミナーの開催等教育研修機会の充実化を進め、職員の金融商品に関する知識やコンサルティングスキルの向上に努めてまいります。

※1「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」と金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」との対応関係は以下の通りです。

お客さま本位の業務運営に関する取組方針 顧客本位の業務運営に関する原則
前文 原則1
1.お客さまの最善の利益の追求 原則2
2.利益相反の適切な管理 原則3
3.手数料等の明確化 原則4
4.重要な情報の分かりやすい提供 原則5
5.お客さまにふさわしいサービスの提供 原則6
6.職員に対する適切な動機づけの枠組み等 原則7

※2 当行は金融商品の組成に携わっていないため、金融庁の原則6(注3)に該当する項目はございません。

お客さま本位の業務運営に関する取組状況


方針・規定一覧高知銀行 TOPへ