高知銀行

  1. ホーム
  2. マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止に向けた取組方針

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止に向けた取組方針

高知銀行(以下「当行」という。)は、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与の防止(以下「マネー・ローンダリング等防止」という。)に向け、経営陣の主体的かつ積極的な関与の下、適切な行内態勢を確保してまいります。

  • 運営方針
     当行は、マネー・ローンダリング等防止にかかる態勢を整備・強化し、関係部署の適切な連携のもとで一元的な管理を行います。
  • 組織態勢
     当行は、コンプライアンス統括部担当役員をマネー・ローンダリング等防止責任者とし、コンプライアンス統括部をマネー・ローンダリング等防止対策の統括部署とします。
  • リスクベース・アプローチ
     当行は、リスクベース・アプローチの考え方に則り、当行が直面するマネー・ローンダリング等のリスクを特定・評価し、適切な低減措置を講じます。
  • 顧客の管理
     当行は、適時適切な取引時確認を実施し、顧客属性に即した対応策を実施するとともに、顧客取引記録を調査・分析し、対応策を見直す態勢を整備します。
  • 資産凍結等の措置に係る確認
     当行は、テロリスト等に対する資産凍結等の措置に係る確認について、適切な措置を適時に実施する態勢を整備します。
  • コルレス先の管理
     当行は、海外コルレス銀行の十分な情報収集に努め、適宜にマネー・ローンダリング等防止対策を講じます。
  • 疑わしい取引の報告
     当行は、営業店等からの報告や日常的なモニタリングの結果、検知した疑わしい顧客や取引等を適切に処理し、当局に対して速やかに届け出る態勢を整備します。
  • 職員等の研修
     当行は、取引時確認等の顧客管理が適切に行われるよう、職員等への研修を継続的に実施します。
  • 内部監査
     当行は、マネー・ローンダリング等防止の状況について定期的に内部監査を実施し、その結果を踏まえて、さらなる態勢の充実・強化に努めます。